好きなものがたくさん増える

好きなものを増やすのが趣味

初めまして。ブログを今更始めてみます。

ちょうどいいお題があったのでブログの始まりにはピッタリ。

 

 

お題「#この1年の変化

昨年の今頃は、ちょうど新型コロナウィルスがなんやかんやあって在宅勤務にする?どうする?のような時期だったとおぼろげな記憶。

 

弊社は詳しくは書きたくはないけれど、それなりに若い会社の割にはいわゆる頭のかたい中小企業で、今の時期はまだ「流行り始めたのかなあ」といったようなのんびりした状態で。「在宅勤務」のざの字もなく、皆仕事に追われてた時期だと思う。

 

 

私の業務内容はぶっちゃけ在宅でも全然問題ないはずだったし、通勤に1.5時間ほどかけているのも馬鹿らしく感じていた頃なので自主的に在宅で業務する日を(割と勝手に)増やしたりして過ごしてた。

 

 

 

増える業務に耐えきれなくなる

全国のドラッグストアからマスクや消毒液などが消え、緊急事態宣言が出され、弊社でもさすがに在宅勤務をしたほうが(世間体的に)良いだろうと言った風潮に(やっと)なり、全員在宅勤務状態になるものの、脱落者が続出。

 

私は意地でも在宅勤務を続けたけど、別のチームメンバーたちが次々と出社し続ける中なんとか業務をこなすもののいい加減家の中で仕事するにはあれこれ不満が出てきたため、まずは環境を良くするために椅子を新調すべくContessa Ⅱ (コンテッサ セコンダ)|チェア|株式会社オカムラを購入したり、オンライン会議にも普段使っているゲーム用のヘッドセットからコンデンサマイクを購入してみたりと色々試行錯誤。

 

毎日のようにAmazonさんの受け取りをしていたような気がする。Amazonは神。

あの頃は買い物に行くにも気が引けてしまって、本当に外に出るのが億劫になってた。

 

通勤に1.5時間かけるということは、「自分は何も無くてもウィルスを運搬してしまって、見ず知らずの誰かを苦しめてしまうかもしれない」みたいな一種の強迫観念もあった気がする。

 

それほど新型コロナウィルスは未知で怖かった。自分が罹るのが怖いというより、どれだけを気をつけても運搬係をしてしまうかもしれないというのが怖かった。

 

 

実際知人が陽性者になり隔離生活の話を聞いて、全然他人事に思えなかった。

 

 

その頃ちょうど仕事でも新しいことを任されたりしていた時期ではちゃめちゃに疲れ果て、通勤時間が無くなったにもかかわらず「家から出たくないモード」が加速したし、仕事への不満も爆発してしまって。

 

とにかく眠れない。理由もなく眠れない。

よし寝ようと布団に入っても、目が冴えまくって仕方ない。

 

明日も仕事だ、仕事が辛い、何故あんなにも話が通じないのだろう。やはり私にはこの仕事は向いてないのではないか、話が通じないのを相手のせいにしてみだけど、結局私の努力が足りないだけなんだなあ。けどもう努力の仕方がわからない。

と、今まで何とか人のせいにして保ってたものが崩壊して、全てにおいて自分がダメなのだと考え始めて地獄だった。

 

 

Twitterをゴミ箱がわりにして愚痴として吐き出してみるも当然解決しないし、明日は休みのはずの土曜日なのに8時には起きて残ってしまったアレをして、退勤前に依頼されたアレを調べて、ああでも本当は休みなんだし日中に少しやりたかったあのゲームの続きをしたかったのにな…と残念な気持ちになり、どんどん「眠れない」が続く。

 

寝付くのに2時間はかかり、夜中に何度も覚醒し、どう考えても仕事が過度なストレスを産んでいるとさすがに楽観的な自分でもわかる。

薬に頼ろう、少しなら貯金もあるし、飯なら食える。このまま続けるより少し休まないと身が持たないととうとう休職を決めた。

 

 

休職して変わったこと

休職してからはとにかく寝た。睡眠薬を処方してもらい、それがてきめんに効いて、何かをしたかったのにとにかく寝る。寝る。

自分は仕事をしてない社会を回すことも出来ないと言う罪悪感はあったけど、その罪悪感を打ち消すぐらいとにかく寝る。寝る。寝る。

 

しばらく眠れるようになってほんの少しだけ余裕が出てきた。

貯金は減るので最初は少し焦りがあったが、休職して数ヶ月経った今になってやっと「仕事を辞めて少し別の世界を見てみるのもいいかもしれない」と思い始めた。ちょっといい傾向かなと思う。

 

そういえば私は元々「好きなものを増やすのが趣味」だった。忘れてた。

それを忘れるぐらいにはずっと仕事のことを考えては悩んでた。ここ数年よく考えてみれば何も好きなものが増えてないじゃん。

 

 

休職したことにより社会との繋がりがより希薄になってしまったけど、やっと「挑戦してみたいな」と思えるものに出会ったのはとてもでかい。

オタク気質なのでどうしても何かが好きだ、これをやりたいと思うパワーが生きるのに必要で、コロナ自粛でそれもいくらか制限せざるを得なかったために鬱な気分がより大きくなってしまったんだなと感じる。

 

 

もちろん今も必要最低限しか外には出ないし、それは在宅勤務で引きこもってた状態の頃とほぼ変わらない生活をしてるんだけど、仕事を休むことにより自分見つめるいい機会になったんだなぁと前向きに捉える事ができるようになったのは大きいと思う。

 

 

 

これからやりたいこと

#この1年の変化 は私にとって窮屈で辛くて泣きたくてしんどかった期間もあるけど、ある意味窮屈だったからこそ自分と向き合うきっかけができた。

 

新型コロナウィルスはまだ猛威を振るってるし、亡くなった方は大変気の毒だと思う。

でも私は生きている。生きるために休職もした。休職した間は無駄じゃなかったはずだから、これからはどんどんやりたかった事に手を出したいな。

 

中途半端オタクだから極めるまではできないけれど、なにか新しいことをしようと久々に思えるようになった大切な1年だ。

 

新しいことをするにはまだ制限もあったりするけど…自分にとっていちばん躊躇していた仕事を休むというのは達成できているわけだし、やってみりゃ何とかなるんじゃないかな。

何ともならなかったらその時にまた考えよう。自分には合わなかったと、別で好きになれるものを探しゃいいだけ。

 

 

とりあえず明日は病院。

その後やりたい事のために少しお買い物をしてみようと思う。Amazonではなく外でw

せっかくブログも始めたし、少しずつ進捗を載せたりして日々の生きるモチベにしていけたらいいな。