好きなものがたくさん増える

好きなものを増やすのが趣味

【ネタバレあり】シン・エヴァンゲリオン劇場版:||観てきました

表題の通り何も気にせず感想を書きますので、未視聴の方はブラウザバックをお願いします。

 

また、難しい考察なども書くつもりはありません。ただの個人の感想です。

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳で観てきました。

 

映画館で映画を観るのはとても苦手なので何年ぶりかわからない映画館での鑑賞でした。

元々観に行くつもりはなく、Twitterでネタバレ誰か呟くやろからそれを漁って配信を待とうと思ってたんですよね。

 

 

ただTwitterの感想を観るに、なかなかあっちこっち方向に入り乱れてますし、ネタバレクソリプ垢が出来てたので見てみるものの140字ではなんもわからずでして😂

 

ああこりゃ自分の足で観に行って、エヴァの最後を自分の目で見て「終わったんだな」と理解しないとダメな作品だなあと思いました。

 

 

テレビ版、旧劇を観てきてよかった

第一の感想はそれかもしれません。

特に旧劇ってオタク全員殺すみたいな殺意に満ちた終わり方をしたと思ってて。私はああいう救われねーな!みたいな雰囲気は好物なのでいいんだけど納得出来てない方も多かったんじゃないかなと思うんです。

公開当時がどうだったかまでは分からないんですけど…どんな評判だったんかな🤔

 

 

でも今回新劇で、あの旧劇ラストのあれやこれやのシーンを未来に変換してたんですよね。

旧劇もうほんとめちゃくちゃ大好きで(雰囲気が)何度も何度も観たけど、また観たくなりました。

あれやこれやのシーンはきっと旧劇を観ていないと「あっ」てなれない。

こういう「あっこれ旧劇の…」「あっこれテレビ版の予告全部あっ」っていう気付きは観てたからこそのものです。

 

 

からの全て終わらせる!はとにかくケジメがつきすぎててべらぼうに潔くて気持ちよかったなと思いました。

 

 

 

エヴァはどちらかというと「ご都合ハピエンになるのは解釈違いだもん!」というめんどくさいオタクが露出するほうだったんですが、今回結局「ご都合ハピエン」と言って問題ないレベルのエンドに意外にも満足している自分がいます。

 

 

難しい考察したりしないからかもしれない。

難しい横文字専門用語とかエヴァにはつきものなんだけど割と私の中ではどうでもいいんですよね。

 

もちろん深い考察を見るとおーすげーなるほどなーと思うんですが、そういうのをすっ飛ばして、当時のテレビ演出(電車内の深層心理シーンとか)を出してきたり、先程も言った旧劇にもあったシーンを出してきたり、

「あーめっちゃエヴァだー」

という満足感がありました。良くも悪くもなんも変わってないエヴァだなあという感覚。

もちろん映像技術なんかはテレビ版の頃に比べると格段に上がってるはずなんですけど、なんとなく意図的に過去の演出を踏襲してるように思えるところもたくさんあるんですよね。

 

 

 

世界を巻き込んだ碇家ドタバタ劇

シナリオとしては、最後冬月先生とマリとの会話にもありましたが、つまるところそういうことだと思います。

 

碇ゲンドウの回想シーンに入ったとき、あっやっぱりシンジさんがそのまま成長できずに大人になったみたいなゲンドウにスポットが当たったと内心少しにっこりしてしまいました。

 

碇シンジの物語というよりは碇家の物語なんですよね。なんとなく感じてた「これって碇シンジのための物語なのかなあ」という感覚が視覚化されてアンサーされたのですごくスッキリしています。

 

 

 

終わらせ方としてはとっても綺麗というか、ほんと潔かったんですよ。

色んなものを救ってハッピー!みたいな感じで。冬月先生とミサトさんはなかなか犬死に感も覚えましたが。

 

ミサトさんは軽率にぐっとくる描写がずるいと思いました。テレビ版でも旧劇でもQでも出来なかった、ちゃんと向き合えたというのがずるい。

正直ミサトさんのあれやこれやは、悪く見れば安く泣かせようとしてる感はあるんです。でも簡単に屈服しました。

シンジさんとちゃんと対話出来たのはものすごく短い時間だったけど、大人のキスで誤魔化そうとせずちゃんと目を見てコミュニケーションが取れていたというのが本当に良かったです。

 

 

あと髪の長い綾波レイは、劇中内でアスカが髪は伸びるという発言をしていたことから、14年前つまり破の時に取り残されていた綾波レイ本人かなと思っています。

14年越しにちゃんと綾波を救えたねシンジさん…黒綾波は自己が保てず消えることになりましたが、人間性を取得していく描写は可愛くてほのぼのしてて良かったと思います。(ただ長かったようには思う)

 

 

ラストは賛否両論ありそう

私としては「ちゃんと終わった」事がすごいと思っているのでどう展開しようと文句はなく、今回とても満足感があるのですが、物語として見るとラストは賛否両論だろうなと正直思っています。

 

 

なるほどマリENDかと。

ここに来て初めてTwitterのネタバレクソリプのマリENDの意味がわかりました。

 

でもすごく綺麗に終わったんじゃないかな…。小難しい用語とかの考察は置いといて、なんとなく色々救ってエヴァンゲリオンにさようならした、それだけで良い気がします。

 

 

 

そういえば碇シンジにとって優しい世界になったのか?という疑問ですが、ちゃんと優しい世界でした。

Qがあまりにも優しくなかったのでハラハラしましたが、碇シンジがちゃんと成長して周囲と向き合えたというのがなんとなく感慨深いですね。

 

 

 

 

 

だがしかしこの余韻に浸りたいのにパンフが既に売り切れてまして、この辺りは普通に転売屋に怒りを覚えます🥺来週あたりおかわりついでにパンフを手に入れられればいいな…

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを観返してみた

※こちらの記事にはヱヴァンゲリヲン新劇場版のネタバレが多少含まれます。

現在公開中のものはAmazonプライムの序盤数分しか見ていませんので私自身も何も知らないも同然なのですが、それについて触れる箇所もあるかもしれないので、心配な方はブラウザバックを推奨します。メインはQを観返して思ったことを書いてるだけですが何が人にとってのネタバレになるかわかりませんので、私は責任を負えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下ネタバレがあるかもしれない部分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エヴァンゲリオン自体はTVシリーズも旧劇も新劇も追ってはいたんだけど、旧劇の展開がめちゃくちゃ性癖に刺さるのと「それだけで終わる」のが観やすくて好きだったんで、新劇公開は知ってたけど配信で追うくらいしかしてなかったんですよね。

 

 

ただ私はAmazonプライム会員なので、最速序盤数分公開があった事を知り、一応Qまで観た記憶はあるので私も観てみました。

 

 

やべぇぞ全然覚えてない

Qが確かかなり視聴者置いてけぼりだったというか、1度しか視聴してないのもあって恐ろしいほど覚えてない。

数年前にやっと観たぐらいで割と記憶に新しいはずなのに…とりあえずよく分からないままカヲルくんとエヴァに乗ってカヲルくんの首が飛んだくらいのことしか思い出せない。

 

でもなんか序盤数分でめちゃくちゃ面白いし戦闘が熱い。

でも何でこんなことしてるんだっけ?ってなる。Qが急展開すぎたので脳が全く考えることをやめたせいかもしれない。

最速序盤の数分は観終わったもののあまりにも覚えてないので、どうせ時間はあるしQを再視聴することにしました。

 

 

たしかアスカの苗字が変わってるしマリも出てくるけどテレビ版はかなり何度も見たのもあって、序破までは比較的覚えてるんですよね。

Qで全部すっ飛んだ感があるんだよね、と。

考察好きな人は色々考察が捗ったんでしょうけど私の脳みそそこまで難しい事考えるとショートするので…

 

 

エヴァに乗るたびに○○インパクトを起こす男碇シンジ

結論から言うとQ、数年前の初見時はあまり面白い印象がなかったんですが、今改めて見るとめちゃくちゃ面白かったです。戦闘シーンめちゃくちゃ熱かった。ぬるぬる動きますね。これ映画館で観たら大迫力だっだろうなー。

 

シンジさん、エヴァに乗るたびに○○インパクト起こす。そりゃエヴァに乗るなと言われても頷けてしまうw

 

破でニアサードインパクトが起こったことによりゼーレ・NERVの思惑に気づいたミサトさんたちはNERVと敵対することを選んでのQだったんですね。もはやそこすらちゃんと覚えてなかった。

 

 

でこれ自体はわかったんだけど、シンジさん確かに精神的に幼いし不安定だしエヴァに乗ると○○インパクト起こすし厄介者と思われても仕方ないとはいえ、周りの人がさすがに何も言わなさすぎ問題も深刻だなと。あまりに何も言わなさすぎる。

 

 

あれこれあって結局NERV側に帰ったシンジさんまたもや何も教えて貰えず信じられるのはカヲルくんだけになるのもある意味仕方ないというか。

 

カヲルくんはそのうちニアサードインパクトがあったんやでーとかちゃんと教えてくれるものの、最後の最後で「あっこの槍ちゃうやつ!やべーやつ!」って気付いてるにも関わらずシンジさんを止められない始末。

 

 

そこ止めよ。ちゃんと止めよ。なんか嫌な予感がするんだとかここに来てフワフワしたこと言うんじゃありませんよ。

 

ある程度ことが起こってから目の前で首から爆発シーン見せるとかお前シンジさんに幸せになってもらいたいんだみたいなことよくその口で言えましたね…?

ガフの扉も開いたり閉じたり忙しいな君は。

 

旧劇観た時は確かガフの扉開いた時にもうよくわかんないけど絶望まっしぐらな気持ちになったんですが、新劇ではこの時点ですでに2回ほど扉が開いたのを観てることになる(はず)。破とQで。

そんなポイポイ開くもんだったっけ?

いや設定を思い返してみるとそりゃまあ道具が揃えば開くんですけど…自動ドアレベルに思えます。

 

 

 

 

基本的に「碇シンジに優しくない」世界

そういえばQで顕著になったなあというのが、エヴァの世界は基本的に「碇シンジに優しくない」ですよね。

 

最初っからなんの説明もなくエヴァに乗れと父親から言われ、えっいきなり何なの?と思ってたら周りの大人もここで乗らなくていいの?!とまるで乗るのが当たり前でしょみたいになんの説明もせず説得だけはしてくる。

これだけ読んだら普通に可哀想…

 

 

テレビ版はそれでも色々ありながらエヴァに乗り続け、最終的に僕はここに居てもいいのだと理解し終了。

まだ救いがあるが世界の行く先はたぶん人類補完計画が粛々と行われるのかなあと。

 

 

 

人類補完計画、私としてはシンジさんがそのまま大人になったみたいなおっさん達の集大成のようなイメージで、良しとは思ってはいないです。全員生きてそこに在るのが正しいとも思っては無いんですけど案外幼稚だなあと。

幼稚な発想を最新鋭の技術でド派手に世界リセットじゃーい‪\( 'ω' )/という計画だと思ってて。

 

人類補完計画って碇シンジにとってはいい世界の最終形ではないと思うので救いは見られるけどその時はな!という感じがします。

 

 

旧劇はもっとひどくて、世界は碇シンジに優しくないっちゃないけど、個人が無くなるのもやだな〜→ほぼ全滅エンド

ひどいとは思うが実は一番好きというか一応の決着はついたというか。あれこそ人類補完計画なんだぞというか。

ただやっぱり最終的に「碇シンジに優しい世界」に戻りはしなかったなと。代償、でかすぎませんかね?

 

 

 

からの新劇。

これはもう別の意味で優しくない。碇シンジがやること全部が裏目に出てどんどん壊れてくシステムが構築されてると言っても過言ではない。

 

綾波助けるぜと思ってたら実はニアサードインパクト起こしてました(当然そんなことになるなんて本人知ったこっちゃない)。

今度こそ世界を救うぜと思ったらフォースインパクトが始まろうとする。なにこれ?

 

 

 

旧劇、新劇、テレビ版それぞれ決着がつきますし、カヲルくんの発言をみてもまぁループ説を推すわけなんですが、どうも碇シンジに優しい世界を目指すループという感じはしないんですよね…

なんだろう、碇ゲンドウの思惑がある限りは絶対的に抜け出せなさそうな…。

 

 

 

これってもしかして、

碇ゲンドウ(と冬月さんも)が碇ユイととにかく(形はどうあれ)幸せになりたい物語なのかなぁという気にもなってきました。

とりあえず今の状態では幸せではないから何かしら計画が進んでるんですものね。

 

主人公はそのためにぶっ壊されたりあれやれこれやるなと言われたりする訳で、ひたすらに「碇シンジに優しくない」選択が多すぎるような。

 

 

 

 

ここまで書いてもはやよく分からなくなってきました。あの作品の主人公は碇シンジなのだろうか。

 

 

 

 

確認するために新劇のラストを観に行きます

ここまで書いていて、いてもたってもいられなくなった為、明日午前のチケットを取りました。

映画館に行くのは本当に久しぶり。

感染対策しっかりして、自分の目でエヴァの最後を観てこようと思います。

 

 

最後は碇シンジに優しい世界になるんだろうか?

 

今からとてもわくわくしています。

私のようなにわかファンでも、設定が難しくてその辺は上手く理解できてなくても、とにかくラストが気になって仕方ない。

そういう意味でもエヴァはやはり名作なんでしょうね。

自作キーキャップをお試しで作ってみた

f:id:Me_Glafter:20210301155118j:image

 

キーボードを自作したい気持ちがいきなり湧いてくる

元々いわゆるガジェット系に惹かれる習性があるんだけど、ここ最近やりたくなったゲーム(Steam:Valheim、人気だよね)がどうもキーボード操作メインみたい。

 

普段PCゲーをする時は箱コンでやってるしValheim自体もコントローラー操作が出来なくはないようだけど、いい加減この機会にキーボード操作のゲームに慣れたいな、という思いが強くなってきた。

 

 

ただ、今使ってるキーボードは自宅で仕事する時に使いやすいものを…と選んだロジクールMX Keysワイヤレス イルミネーション キーボード

これなの。

 

これはこれでものすごく使いやすくて、パンタグラフサイコー!!!ってなってたけど、ゲームで使うとなるとWASDの酷使がどうしても気になってしまう…

 

 

そこでせっかくゲーミングPC持ってんだし、それらしいゲーミングキーボードを探すことに。

スイッチの違いなどは一応知ってはいたものの実際に触って確認できないものも多いのであれこれ悩みながら…調べてると

 

🤔「キーボード自作したくない?したい」

🤔「簡単なものから自作出来そうじゃない?出来るんじゃない?」

 

という思いが湧いてきてしまった。

自作キーボード界隈の方が熱心に書かれているブログなどがヒットするのがいけない。キースイッチについて調べてたらうっかり沼を覗き見してたような感覚。

こうなるともうそればっか調べちゃうよね…だって自作キーボード界隈の方、みんなすごく楽しそうなんだもん…

 

 

ただ私には1つ問題があった。

 

 

雑巾すらまともに縫えない

この不器用さ。

何をするにもとにかく手先が面白いぐらい不器用で、雑巾も縫えなきゃボタン付けなんてやった日にゃー付きはするもののすぐ解ける始末。

 

何かを組み立てるのもひと苦労で、先日新調したレンジ台を組み立てるのに悪戦苦闘。

当然うまく出来なくて半泣きになりながら作業したし、PCのSSD増設するにもワーワー言いながら2日かけてやったような人間なのだ🥺

 

ちなみにSSDはただケーブルがしっかり刺さってなかっただけでした

 

 

下手の横好きって言うけど私の場合は泣くのをわかってて手を出したがる馬鹿なんだと思う。

なので自作キーボードすごくすごく興味あるけど、いや…まだ…まだ手を出す時じゃない…と言い聞かせながらネットの海にころがってる記事をニコニコしながら読んでます…🥺タノシソウネ…

 

 

でニコニコしながら読んでるところにさらに別の沼を垣間見てしまったんです。

 

 

自作キーキャップ

 

 

えっキーキャップ作れるの?

シリコンで型とってレジンで…?レジンてあれだよねアクセサリーとか作れるやつ。

知人が作っててヘアアクセとか作ってもらったことある。あれで?キーキャップが?なんと?

 

 

よくよく考えればそうなんだけど、そりゃそうだ。キーボード自作したらキャップだって必要。

そのキャップも色んな種類があるんだけど、キラキラ綺麗なものも結構あって、ウワーすごい(小学生並みの感想)となってしまい…

 

 

 

だけどレジンとか私に扱えるのか?

はんだごて使うのすら躊躇ってるのになんでレジンにいこうとしてるんだ?絶対まともに作れないでしょ…と思いながらレジン使用についての注意点などを調べる私。

 

換気して、捨てる時は硬化して、火気厳禁で…

キャップのシリコン型はネットで売ってそう。Cherry mx系の互換スイッチ対応なら基本は大丈夫だな…🐱( '-' 🐱 )ネコチャンの肉球キーキャップカワイイネ…自作なら自分の好きな感じに作れるね…

 

 

 

 

 

買いました

ダメならダメで諦めよう。

そう思ってた時にはもうAmazonさんからキャップのシリコン型が自宅に鎮座なさってました。Amazon早い。注文したの昨日だよ。とどくのはやい。ありがとうAmazon プライム…ありがとうヤマトさん…

 

シリコン型が届いてしまった(他人事)ので、ならば一度やってみるまでよと手芸店に足を運ぶ。

自分には縁のなかった所だから迷う…レジンってどのフロアになるんだろう😂周りの人がみんなあれこれ凄いものを作ってるのかと思うと何となく場違いでごめんなさいという気になってしまう😂

 

 

とまあ色々迷子になったりもしたんだけど、UVライトとレジン液や着色カップとかがセットになってるのがあったのでもう悩まずそれを買いました。お安い。これならやっぱ無理!ってなっても痛くないね。

 

作りたい雰囲気はだいたい決まってたので、着色材となんかキラキラしたやつ…あれなんて言えばいいんだろうw

なんかキラキラしてて気に入ったものを購入。

 

 

ネイルしてもらう時によく見るパーツだ〜!ってのがものすごく沢山あって、手芸店ってすごいね…(?)

そしてお安いと言いながら百均にも赴いて、ニッパーやらカッターやらやすりやら必要なものを買ってたらそれなりのお値段になりました😇

 

形からはいるオタクじゃないもん!だって全部使うかもしれないんだもん!クソ不器用なの自分でわかってるから自宅にニッパーとかやすりとか無いんだもん!!!ドライバー使うのだって命懸けなんだぞ!!

 

と自分に言い聞かせながら疲れ果てて帰ってきたわけだけど、ゆっくり作るのは明日にしようと思いながら購入したものを整理してるとどうしてもやってみたくなってしまって、とりあえず作ってみました。

 

 

おや…

f:id:Me_Glafter:20210301163708j:image

 

 

なんか思ってたようにできてるっぽくない?

 

 

初めてだから気泡もたくさんだし失敗しかしてないんだけど

 

 

 

f:id:Me_Glafter:20210301155118j:image

 

で、できてる…

歪になっちゃったとことかは置いといて、イメージ通りのものができてる…

 

 

 

f:id:Me_Glafter:20210301163849j:image

 

ちゃんと出来てるー!!!!!!!!!

(キースイッチテスターにつけてみた)

 

 

できてました。

 

硬化が足りなかったり思ってたより工程が多くて不器用めちゃくちゃ苦労したけど、ちゃんとモノになってるのに感動した😂

中学生以来かもしれません。こうやって「何かモノを作る」のが。

 

UVライトあててるときもこれでほんとに大丈夫なのかな〜…ってめちゃくちゃ不安だったし、着色レジンが足りなくて2回ほど青を作り直したり、やすりで綺麗にする作業が地道で寝そうになったけど出来てしまったのがとっても嬉しい!🥰

見た目はともかくとりあえず作ろうと思ったら私でもできるんだからこれめちゃくちゃ簡単なのでは?!慣れたらもっとなんか作れるかもしれない〜!!!😂

 

 

 

 

キーボードどうすんの?

結局キーキャップに走ってしまったためキーボードの自作はまだだ、まだ早いぞと思いながら、とりあえず組み立て済のものを購入しました。海外からだからまだ暫くかかるけど今月中には届くと思う。

届く頃にはキーキャップ部分的に交換できるように色々作ってみたいな〜

 

 

自作するためのはんだごてセットやらは実はAmazonのカートに眠っててね。

これも時間の問題な気がするんだけど、とりあえずはデスク周りを少し片付けて作業スペース作りたいな。

 

スペース作れたらたぶんキーボードも手を出しちゃうと思う。だってキーキャップ作るのすごく楽しかった…みんなこんな楽しいことしてたんだね。下手でもなんでも、とりあえず作れたの感動がすごかった。

大人になってからもこういう好きなことが出来るもんなんだなあ。

 

 

 

とりあえず仕事を休んでる間にやろう。

デスク周りの片付けとか仕事してたらなかなか出来ない。いまだから出来ることを少しでも増やして行けたらいいな。

初めまして。ブログを今更始めてみます。

ちょうどいいお題があったのでブログの始まりにはピッタリ。

 

 

お題「#この1年の変化

昨年の今頃は、ちょうど新型コロナウィルスがなんやかんやあって在宅勤務にする?どうする?のような時期だったとおぼろげな記憶。

 

弊社は詳しくは書きたくはないけれど、それなりに若い会社の割にはいわゆる頭のかたい中小企業で、今の時期はまだ「流行り始めたのかなあ」といったようなのんびりした状態で。「在宅勤務」のざの字もなく、皆仕事に追われてた時期だと思う。

 

 

私の業務内容はぶっちゃけ在宅でも全然問題ないはずだったし、通勤に1.5時間ほどかけているのも馬鹿らしく感じていた頃なので自主的に在宅で業務する日を(割と勝手に)増やしたりして過ごしてた。

 

 

 

増える業務に耐えきれなくなる

全国のドラッグストアからマスクや消毒液などが消え、緊急事態宣言が出され、弊社でもさすがに在宅勤務をしたほうが(世間体的に)良いだろうと言った風潮に(やっと)なり、全員在宅勤務状態になるものの、脱落者が続出。

 

私は意地でも在宅勤務を続けたけど、別のチームメンバーたちが次々と出社し続ける中なんとか業務をこなすもののいい加減家の中で仕事するにはあれこれ不満が出てきたため、まずは環境を良くするために椅子を新調すべくContessa Ⅱ (コンテッサ セコンダ)|チェア|株式会社オカムラを購入したり、オンライン会議にも普段使っているゲーム用のヘッドセットからコンデンサマイクを購入してみたりと色々試行錯誤。

 

毎日のようにAmazonさんの受け取りをしていたような気がする。Amazonは神。

あの頃は買い物に行くにも気が引けてしまって、本当に外に出るのが億劫になってた。

 

通勤に1.5時間かけるということは、「自分は何も無くてもウィルスを運搬してしまって、見ず知らずの誰かを苦しめてしまうかもしれない」みたいな一種の強迫観念もあった気がする。

 

それほど新型コロナウィルスは未知で怖かった。自分が罹るのが怖いというより、どれだけを気をつけても運搬係をしてしまうかもしれないというのが怖かった。

 

 

実際知人が陽性者になり隔離生活の話を聞いて、全然他人事に思えなかった。

 

 

その頃ちょうど仕事でも新しいことを任されたりしていた時期ではちゃめちゃに疲れ果て、通勤時間が無くなったにもかかわらず「家から出たくないモード」が加速したし、仕事への不満も爆発してしまって。

 

とにかく眠れない。理由もなく眠れない。

よし寝ようと布団に入っても、目が冴えまくって仕方ない。

 

明日も仕事だ、仕事が辛い、何故あんなにも話が通じないのだろう。やはり私にはこの仕事は向いてないのではないか、話が通じないのを相手のせいにしてみだけど、結局私の努力が足りないだけなんだなあ。けどもう努力の仕方がわからない。

と、今まで何とか人のせいにして保ってたものが崩壊して、全てにおいて自分がダメなのだと考え始めて地獄だった。

 

 

Twitterをゴミ箱がわりにして愚痴として吐き出してみるも当然解決しないし、明日は休みのはずの土曜日なのに8時には起きて残ってしまったアレをして、退勤前に依頼されたアレを調べて、ああでも本当は休みなんだし日中に少しやりたかったあのゲームの続きをしたかったのにな…と残念な気持ちになり、どんどん「眠れない」が続く。

 

寝付くのに2時間はかかり、夜中に何度も覚醒し、どう考えても仕事が過度なストレスを産んでいるとさすがに楽観的な自分でもわかる。

薬に頼ろう、少しなら貯金もあるし、飯なら食える。このまま続けるより少し休まないと身が持たないととうとう休職を決めた。

 

 

休職して変わったこと

休職してからはとにかく寝た。睡眠薬を処方してもらい、それがてきめんに効いて、何かをしたかったのにとにかく寝る。寝る。

自分は仕事をしてない社会を回すことも出来ないと言う罪悪感はあったけど、その罪悪感を打ち消すぐらいとにかく寝る。寝る。寝る。

 

しばらく眠れるようになってほんの少しだけ余裕が出てきた。

貯金は減るので最初は少し焦りがあったが、休職して数ヶ月経った今になってやっと「仕事を辞めて少し別の世界を見てみるのもいいかもしれない」と思い始めた。ちょっといい傾向かなと思う。

 

そういえば私は元々「好きなものを増やすのが趣味」だった。忘れてた。

それを忘れるぐらいにはずっと仕事のことを考えては悩んでた。ここ数年よく考えてみれば何も好きなものが増えてないじゃん。

 

 

休職したことにより社会との繋がりがより希薄になってしまったけど、やっと「挑戦してみたいな」と思えるものに出会ったのはとてもでかい。

オタク気質なのでどうしても何かが好きだ、これをやりたいと思うパワーが生きるのに必要で、コロナ自粛でそれもいくらか制限せざるを得なかったために鬱な気分がより大きくなってしまったんだなと感じる。

 

 

もちろん今も必要最低限しか外には出ないし、それは在宅勤務で引きこもってた状態の頃とほぼ変わらない生活をしてるんだけど、仕事を休むことにより自分見つめるいい機会になったんだなぁと前向きに捉える事ができるようになったのは大きいと思う。

 

 

 

これからやりたいこと

#この1年の変化 は私にとって窮屈で辛くて泣きたくてしんどかった期間もあるけど、ある意味窮屈だったからこそ自分と向き合うきっかけができた。

 

新型コロナウィルスはまだ猛威を振るってるし、亡くなった方は大変気の毒だと思う。

でも私は生きている。生きるために休職もした。休職した間は無駄じゃなかったはずだから、これからはどんどんやりたかった事に手を出したいな。

 

中途半端オタクだから極めるまではできないけれど、なにか新しいことをしようと久々に思えるようになった大切な1年だ。

 

新しいことをするにはまだ制限もあったりするけど…自分にとっていちばん躊躇していた仕事を休むというのは達成できているわけだし、やってみりゃ何とかなるんじゃないかな。

何ともならなかったらその時にまた考えよう。自分には合わなかったと、別で好きになれるものを探しゃいいだけ。

 

 

とりあえず明日は病院。

その後やりたい事のために少しお買い物をしてみようと思う。Amazonではなく外でw

せっかくブログも始めたし、少しずつ進捗を載せたりして日々の生きるモチベにしていけたらいいな。